忘備録

忘備録-7

目安時間 7分
  • コピーしました

YOUTUBEで収益化までの基準とは?再確認!

 

現在のYOUTUBE基準:

・チャンネル登録者1000人
・過去12ヶ月で累計4000時間

という基準が設定されています。

ここを突破しないと
収益化の審査が始まりません!

近づいてくると

G-mailであと何人とか
何時間とかメッセージが届きます。

 

これが最低限の審査基準です。

 

実はこうなった原因は何なのか?

考えてみました。

 

最初はYOUTUBEもゆる~い
審査基準だったのですが

 

あまりにもスパム的なチャンネルが多くなり
莫大なサーバー負担がかかり

Googleは元々、YOUTUBEは赤字だったのですが
ここ4~5年くらいから

急にYOUTUBEが流行になり
億り人も増えました。

 

しかし、一向にスパム的な
動画を流すヒトが多くなり

ルールを大転換することになった
経緯です。

 

 

著作権も肖像権も完全無視な動画や

スパム的な同じものの動画を何個も上げたり

 

パクリコピー動画を上げていたり・・・・

 

あまりにも多すぎたんでしょうね

だから審査基準を設定されたと思っています。

 

まず、この収益化の審査をクリアするためには
スパム的なやり方で

クリアしようと思わないことです。
ゼッッタいに!

 

登録者やフォロワーを購入する甘~い誘惑!

例えば、登録者1000人ですが
登録者を購入しようと思うと

購入することができます。

 

 

TWでもインスタでもフォロワーを
販売している業者が現存するということが
このネットビジネスのおもしろいところです。

 

誰かが、儲かると思ってやるんですよね・・・

でも・・でもですよ!

 

 

これってれっきとしたビジネスだけれども
Google側からすると面白くないですよね・・・

 

だから、必ず、裏をとれるアルゴリズムを考えて
排除されるのが目に見えます。

 

最低限、Google・YOUTUBEのルールを
厳守することが近道であり

せっかく収益化した
アカウントを長~く保つ最善の方法です。

 

 

決して、そういった甘~い誘惑に
乗らないようにしましょう!

 

 

あるヒトは数十万の登録者がいたユーチューバーでも
YOUTUBEから盾を貰っているヒトでも

何らかのルールーを犯したことで

毎月、数30万~100万くらいの収益アカウントが
収益化できなくなったのもみています。

 

数年間・毎月数十万~百万の収益ですから
実際、年収だと1000万くらいを稼いでいたものが

全て、ゼロになったヒトもいます。

 

 

YOUTUBE側にいろいろ、質問して
どこがダメなのか?

 

聞いてみても、まったくの返答もないまま
無収益化されたヒトもいるので

あまりのショックではないでしょうか?

 

アカウントはBANはされていませんが・・・
収益化はできない!

今までの数年間の努力と汗の結晶!
なんだったんでしょう?

そんなことが現実にあるということを
知っておきましょう!

そこで、そういったことを踏まえて
YOUTUBEでも分散したチャンネルを
持つことも必要ということも

頭の片隅に記憶しておきましょう!

 

話に戻ります!

では?YOUTUBEの収益化の基準は?大変なのでしょうか?

 

---------------------------------

・チャンネル登録者1000人
・過去12ヶ月で累計4000時間

---------------------------------

 

 

通常に努力していけば
そんなにハードルは高くないと感じます。

 

早い人であれば1~2ヶ月
平均的には3~4ヶ月
遅くても5ヶ月~10ヶ月
まあ、1~2年というヒトもいます。

 

自分は放ったらかしで8ヶ月でした^^

 

収益化されると・・・
月数千円~数万円~数十万円という事例もあります。

 

ただ、収益化されたチャンネルに
広告主が広告を出したいと思われるチャンネルは従来よりも
収益性が高くなる傾向がある感じです。

 

なので、広告の付きやすい
動画を作成するというのも

ひとつの方法と言うことです。

 

ただ、最近は収益率が減少しているような
感じです・・・

 

あと数ヶ月(2月から)でショート動画が
YOUTUBEにも大きく大々的に導入されるので

音楽系などは、自分の音楽が使われることでも
収益になるようなシステムも用意されているので

新しいジャンルや動画も増えるでしょうね・・・

確実に今とは違ったYOUTUBEと
なっていくようです。

今からでも遅くないので
ショート動画から攻略していっては
いかがでしょう!

 

ゼン丸は現在、数個のチャンネルがあるので
そちらを育てようと仕組み化中です。

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

ゼンさん