Affiliate

薬機法を知らないとあとで大変なことになる!アドセンスやアフィリエイトは薬事関係はご法度!

目安時間 7分
  • コピーしました

薬機法を厳守アドセンスやアフィリエイトで薬事関係・医療器具等の販売などに手を出すな!

 

・医薬品
・医薬部外品
・化粧品
・医療機器
・再生医療等製品

 

には、手を出さないこと!

 

 

健康食品・サプリメント・健康器具
美容器具は法律に制限されていないようですが

効果などを訴求するような表現は
薬機法に抵触することがあるので

最大限に注意が必要です。

 

 

自分の頭で考えて抵触しないと
思っていても

抵触したときは大変な損害を
被ります。

 

 

厳格な注意が必要と考えておきましょう!

 

広告に関しては薬機法で規制されている場合が多い!

理由は誇大広告が多いため規制されるようになりました。

虚偽的な誇大広告を流布してはいけません。

 

効能や効果・性能など医師・薬剤師など資格が無いものが
保証したなどと誤解される言葉を使用することも含め
禁止されています。

 

・虚偽・誇大広告の禁止
・未承認の医薬品等の広告の禁止

 

 

広告に関しては薬機法で規制されている場合が多い!

 

医薬品等適正広告基準が設定されていますので
それを遵守しないと薬機法違反となります。

もちろん、民事ではなく

刑事罰になるので

逮捕ということもあり得ることです。

 

 

厚生省から医薬品などの広告基準の指導書が
発行されています。

 

これを参考にするといいかもしれません。

 

 

厚生労働省医薬・生活衛生局の資料

 

そこまでのリスクをしてアドセンス・アフィリエイトをするメリットはあるのか?

みなさんも、このサイトの記事を読んでみて
どう感じましたか?

 

  • サプリメント
  • 美容器具関係
  • 健康器具
  • 健康食品

 

これも、もしかすると
説明時点で、薬機法にかかる
説明をしていないかが気になるところです。

 

その他に

 

  • バストアップ
  • 妊活サプリ
  • 増大サプリメント
  • 白髪染め
  • AGA
  • 体臭予防
  • 口臭予防
  • 美白サプリ
  • 美白クリーム
  • 美肌クリーム

高額報酬がズラリ!

 

ありますよね・・・

 

ここまで、薬機法がうるさく言われるようになった
背景があるからこそ

問題提起されるようになりました。

 

 

TV・報道・雑誌関係で
誇大広告を出稿することで

ユーザーが騙されたことが
多かったことが社会的問題になった

背景があるからこそ

 

 

国として政府として

厚労省が指導に踏み切った
背景があるということです。

 

それでは、薬機法を遵守していれば大丈夫なのか?

アドセンスではGoogleの規定が
厳しいので、薬機法に絡むものは

ヤメたほうが良いということです。

 

 

アフィリエイトとして
アドセンスでは使用しない!

 

通常のサイトアフィリエイト

WEBサイトでは自己責任を持って
リスクを覚悟の上

紹介することは自由です。

 

 

ネット上の有料広告(PPC)も規制があるので
法令に遵守した広告を出稿することで

販売しているサプリメントなども
ありますので

 

 

相当な注意を払う必要があるという
ことを理解しておきましょう!

 

薬機法を詳細などを知りたいヒトはどうする?

閃き!

 

薬機法に付いて学びたいヒトも
いると思います。

 

 

もし、アナタがどうしても
薬機法を知ることで

 

アフィリエイトできたとしたら?

参考になるようなものがあるとしたら?

 

最低限の遵守された薬機広告を
出稿する抑えるべきことが判れば?

 

他のヒトよりも稼げるのに・・・

 

 

そんな悩みも解決する方法は?あると言えばある!

アフィリエイター向けの参考書がないのが現実!

薬事法の悩み!

 

 

アフィリエイターが最低限おさえるべきポイントを
薬機広告のプロがレクチャーしている内容が手に入る!

 

 

コレで一歩先!のアフィリエイトが展開できる!

 

 

少なくとも健康食品のアフィリエイトは
安心して紹介できる!

 

 

他のアフィリエイターとの差別化が
あからさまに差がつくということ!

 

 

 

アフィリーガル

 

 

購入ボタン

 

 

ゼン丸も持っています。

 

ログイン画像

ログイン画像です

 

 

わかりやすく、限定動画とレジュメを照らし合わせながら

レクチャーを聞くと、全て納得がいく答えがわかります。

※参考にして下さい!

 

 

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

ゼンさん